ワンルーム、アパート一棟、シェアハウス…様々な物件タイプをご紹介!

物件タイプ

不動産投資というのは、しばしば十把一絡げにして語られます。
しかし、実際には個々の条件によって様々な違いがあります。
一番分かりやすいのが、物件のタイプによる違いです。
今回は、不動産投資に用いられる物件のタイプ、そしてそれぞれの物件の利点の弱点を紹介していきたいと思います。

 

 

ワンルーム

ワンルーム

これは、分譲マンションの1室を購入し、入居者に賃貸するという方法です。
ワンルーム投資」などとも呼ばれ、初心者向きの投資方法としても知られています。

 

この方法の利点は、何と言っても初期費用の安さにあります。
中古物件であれば1000万円を切る物件もざらにあります。
また、入居者の流動性が高いというのもこの方法の利点です。

 

一方で弱点としては、1室のみの投資であるため、空室ができた場合に収入が無くなってしまうという点が挙げられます。
また、投資の規模を拡大するのにかなりの時間がかかるというのもこの方法の弱点と言えます。

 

 

アパート一棟

アパート

これは、アパートを丸ごと一棟購入し、入居者またはテナントに賃貸するという方法です。
ワンルーム投資と比べると部屋数が多く、マンションを一棟購入する場合と比べる部屋数は少なくなります。

 

アパート一棟に投資することに利点は、収益の大きさです。
一棟丸ごとが収益源となるわけですから、当然ながらワンルームの数倍、建物規模によっては数十倍の家賃収入を得ることができます。
また、マンションを一棟購入する場合と比べて初期費用が安く付くという点も利点の1つと考えられます。

 

反対にこの方法の弱点としては、初期費用が高いという点が挙げられます。
一棟丸ごとを購入することになるため、ワンルームや一軒家と比べるとどうしても初期費用が嵩んでしまいます。
さらに、この方法には全体としての流動性が低い、またリスクの分散ができないといった弱点もあります。

 

 

一軒家

中古の一軒家

これは、集合住宅ではなく一戸建てを購入し、入居者に賃貸するという方法です。
この方法の利点は、初期費用が安いというところにあります。

 

この方法で投資を行う際には、ほとんどの場合中古物件を購入することになるのですが、中古の一戸建ては当然ながら新築の一戸建てよりも安く購入できます。
また、ワンルームと比べても初期費用を安く抑えられるケースが多々あります。

 

一方で、この方法にはリフォーム費用がかかることが多いという弱点もあります。
また収益が小さい、流動性が低いという点もこの方法で投資をする際に避けられない部分です。

 

 

シェアハウス

シェアハウス

これは、近年話題になっている「シェアハウス」と呼ばれる物件を複数の入居者に賃貸するという方法です。
シェアハウスとは簡単に言えば、複数名の借主が共同生活をするファミリーサイズの物件のことです。

 

この方法の利点は、一戸建てとほぼ同様の間取りでありながら、3~6名程の借主から家賃収入を得られるというところにあります。

 

一方で弱点としては、流動性が低い入居者同士のトラブルが多いといった点が挙げられます。
また、中古物件の場合にはある程度のリフォームを施さなければ入居者を確保できないという点も弱点に挙げられます。

 

 

初心者に向いているのはワンルーム

以上で紹介した中で最も初心者に適しているのはワンルームです。
ワンルーム投資はこれまでに不動産投資をしたことの無い人に最も人気の物件で、サラリーマンの方の副業としても需要の高い方法です。
ワンルーム投資が初心者に向いている理由は以下のようなものです。

 

  • リスクが低い
  • 初期費用が安い
  • 物件の管理が簡単
  • 流動性が高い
  • リフォーム、入居者募集、クレーム対応、税金の扱い等、不動産投資の経験を積むことができる