管理会社によって様々なサービスがありますが、ポイントを押さえた選び方をしましょう。

管理会社

不動産投資において欠かすことのできないのが物件の管理です。
貸借人は物件の管理に関してほとんど気にする必要はありませんが、賃貸人の場合はそうはいきません。
物件の管理には大きく分けて2つの方法があります。
1つはオーナー自らが管理するという方法で、もう1つは今回取り上げる管理会社を通して管理するという方法です。

 

管理会社の必要性

不動産管理の防犯カメラ

不動産投資と物件の管理は切っても切れない関係にあります。
直接的に行うか間接的に行うかは個々のケースによって違いますが、物件の管理自体はオーナーにとって避けては通れない仕事です。
直接的・間接的という分類で言えば、今回取り上げる管理会社を通した管理は間接的な方法に含まれます。

 

管理会社とは、不動産の管理をオーナーに代わって行う会社のことを言います。
現在、不動産投資を行っている投資家の多くがこの管理会社を通して物件の管理を行っています。

 

特に、副業として不動産投資を行っている方の場合には、ほとんどの割合でこの管理会社を利用しています。
と言うのも、専業であれば別ですが、副業として行っている場合にはオーナー自らが管理業務を行う時間を作ることができないため、
管理会社に任せざるを得ないという事情があるのです。

 

管理会社には、大きく分けて2つのタイプがあります。
1つは賃貸管理の会社、そしてもう1つは建物管理の会社です。
この両者は、それぞれ以下のような業務を行っています。

 

賃貸管理の会社
  • 家賃の回収
  • 専有部分の修繕・補修
  • 入居者の募集
  • 入居者の管理

 

建物管理の会社
  • 設備の点検や工事の立会い
  • 共有部分の補修・修繕工事の計画及び実行
  • 共有部分の清掃
  • マンション自治会お運営や管理費の取り扱い
  • 建物の大規模修繕工事の計画及び実行

 

以上の業務は基本的なものだけで、実際には会社毎にこれ以外の様々なサービスを実施しています。
また、この両者の業務のどちらもを行っている会社もあります。

 

管理会社の選び方

どれにしようか迷っている人形

副業として不動産投資を行っている投資家にとって、優良な管理会社を選べるかどうかはとても重要な問題です。
優良な管理会社を選べれば、その投資を成功させる上で非常に大きな後押しとなります。
そこで、優良な管理会社の選び方をここで紹介したいと思います。

 

 

客付けに強いか

既に触れた通り、管理会社はオーナーに代わって入居者の募集業務を行います。
要するに客付けを行うわけですが、管理会社を選ぶ際にはこの客付けに強い会社を選ばなければなりません。
客付けに強い会社であれば常に入居者を確保することができますが、反対に客付けに弱い会社であればこの点に非常に苦労することになります。
そして、客付けが上手くいくかどうかは入居率に直接的に影響してきますので、当然収益の大きさにも響いてくることになります。
投資の成否を分ける入居者と入居率の問題に大きく関わる部分ですので、慎重に検討しましょう。

管理料が安いか

管理会社というのは基本的にどの会社でも似たような業務を行っていますが、管理料に関してはある程度バラつきがあります。
家賃の5%程度が相場で、3%程度に設定している会社もあります。
サービスの質が保たれるのであれば、できるだけ管理費の安い会社を選んだ方が良いでしょう。

十分な実績がある

これは管理会社に限らないことですが、やはりその分野で十分な実績のある会社は投資家にとっても頼りになります。
管理会社の代行する業務はどれも不動産投資には欠かせないものですので、十分な実績のある会社を選ぶ必要があります。
逆に言えば、十分な実績のある会社(技術やノウハウが蓄積されていて業界内でも信頼度の高い会社)を選ぶことができれば、投資を成功させるのはそう難しいことではありません。